知ってた?化学洗浄処理の特徴

化学洗浄処理で最も使用される酸洗いとは


化学洗浄処理にはいくつか種類がありますが、その代表的なものが酸洗いです。酸洗いとは、薬品を使用し、金属製品を加工した際に生じた不純物を取り除く作業のことを指します。酸洗いにもいくつか種類があり、大きく分けて、ピックリング、酸浸漬、エッチングの3つです。
ピックリングでは、スケールつまりは水垢や錆びなど不純物を除去します。
酸浸漬は、金属の皮膜を除去する作業です。この場合の皮膜とは不純物というよりも、加工のために金属そのものが持つ保護膜を取り除きます。
エッチングは、金属を加工した際に生じた変質部分を薬品によって取り除く作業です。金属は加工の過程で様々な要因が加わると、材質の一部が変化してしまうことがあります。その変質部分を取り除いて本来の材質に戻すのが目的です。

image

金属加工とは切っても切り離せない酸洗い


水垢や錆びなど不純物は金属の劣化を早めますが、ピックリングを施すことによって製品を長持ちさせることが可能です。
一方、酸浸漬は、金属の電気伝導性に影響を与える酸化皮膜を取り除くのに有効です。そのため電気加工の下準備や精密機械の部品に重宝されています。電気が流れにくいと、電気加工によるメッキが上手くいかず剥がれやすくなる、精密機器が動かないなど問題が生じるからですね。
エッチングは、主に冷間圧延という工程によって造られた製品に活用されています。冷間圧延とは、金属が再結晶を生じない温度範囲での加工です。そのため加工時と完成時の常温とでは、温度差が生じてしまいます。この温度差により表面には、元の金属とは別の変質部分ができてしまうわけです。これは不純物と言えども製品を構成する一部なので、特定の金属にだけ反応する薬品を使うことで除去します。
以上のように酸洗いは金属加工の現場においては不可欠なのです。