欠かせない!金属加工の前の酸洗い

そもそもなんで酢で洗うのか


工場のように金属を加工している現場では金属を加工する前に酢で洗浄する酢洗いと呼ばれる作業を行います。金属を酢で洗うなんてあまり意味のないように見えますが、実は金属を酢で洗う作業は金属を加工して製品を作る際に非常に重要な工程なのです。
金属は熱を利用して加工を行うと金属の表面が酸化し、スケールと呼ばれる薄い膜ができます。このまま加工を行ってしまうとメッキ加工を行う際にスケールによって密着しにくくなったり、どれだけ研磨を行っても金属の光沢を出すことができません。
そのような事を防ぎ、さらに金属に生じるさびを落とすために、金属を酢で洗う作業を加工する前に行います。そうすることで金属をより加工しやすくなるのです。

image

酢洗いの種類について


酢洗いはどのように処理を行うかによって3つの洗い方に分類されます。一つ目は酢液に金属を漬け込み熱処理によって生じた金属の表面の酸化物を化学洗浄処理し、酸化物や薄い膜を取り除く酢洗い、2つ目は酸化した金属の皮膜を除去し、金属の表面を活性化させる酸浸漬という方法です。酸浸漬は酸化皮膜やアルカリ皮膜を取り除くのによく使われ、その他メッキ加工を行う際にも利用されます。3つ目はエッチングと呼ばれる方法で常温で金属を加工した際に生じる変質層を取り除くのによく使われ。金属の加工だけではなく、半導体や印刷などの様々な分野で利用されています。特に線を直接版に書くよりも書きやすいことから、凹版を作る際にはよく利用されています。

酸洗作業は強酸性の薬剤で金属製品の錆や汚れを除去する行為です。金属の材質によっては薬剤と反応して有害な蒸気や熱を発生させることがあるので、換気や保護具の着用を遵守します。